何度目の青空か

書きたいことだけ書いてます

如恵留くんSHOCKおめでとう!

如恵留くん、Endless SHOCK出演決定おめでとうございます。夢に見ていたステージに立つ如恵留くんを見られること、本当に幸せに思います。


そんなEndless SHOCKはわたしにとって大切な作品です。

3年前初めて見たあの景色は忘れないし、この舞台があったからわたしがミュージカルを好きになった、そんな大切な作品。

それまで、舞台はジャニーズ関連しか行ったことがなくて、ストーリーより出演者重視。
だからSHOCKを初めて見た時も、自担だけを見るつもりで帝国劇場に行った。

自担だけを見るなんて無理だった。

物語、演出、ダンス、歌、全てが最高で目が足りない。
正直、一回見ただけじゃストーリーを理解しきれなくて何度も見た。見るたびに新しい発見があって公にはなってないけれどカンパニー全員に物語があって、それを何回見ても素敵だった…

赤い絨毯を踏み、チケットをもぎってもらう。
あのふかふかな椅子に座り、物語の幕が開く。

オープニングの華やかさ。
ONEDAYでのコウイチ、リカの歌とアンサンブルさんのダンスの美しさ。
ブロードウェイに行ってからの葛藤。
SOLITARYから始まる確執と群舞。
1幕後半の壮絶な殺陣。
Show must go onと階段落ち。
Dead or Aliveの妖艶さ。
DANCEのタップ。
Higherの群舞とライバルの葛藤。
そして夜の海、大桜と続くラスト。

息つく間もなく繰り広げられる物語。

個人的に美波里オーナーの男気溢れる感じが好きでした。


そんな大好きなEndless SHOCKに如恵留くんが出る。
あの帝国劇場の舞台で上演されるEndless SHOCKに、自担と呼べる人がまた立つなんて。


夏のTDCで見た夜の海。
いつかの自担と立ち位置が一緒な如恵留くんを見て、気づいたら泣いてた。

そして思った。
何となく、もう自担と呼べる人がSHOCKに出ることはないんじゃないか、と。


勝手に諦めかけた夢が叶った…


いつも夢を見せてくれるのは如恵留くん。

とてもハードな生活になるとは思いますが
千秋楽までお身体には気をつけて。
3月31日、そこに最高の景色が開けていますように……







最後に、わたしが言うことではないかもしれないけれどお願いがあります。
SHOCKはSHOCKファンの方々が定価を守ってチケットを譲ってくださったりしています。
どの位置から見ても素敵な舞台です。
コンサートじゃないから接触もありません。
だから、定価以外の金額でチケットの売買を行わないでください。
定価問題はSHOCKに限ったことじゃないけれど、ジャニーズだけじゃなくSHOCKというミュージカルのファンもいる舞台。
その舞台でチケットのことで、これだからジャニーズは、と本人たちの名前を汚したくありません。本人たちにとってもSHOCKというせっかくのチャンスです、お願いします。

えび座が楽しかったお話

ABC座 ジャニーズ伝説2018

千秋楽おめでとうございます。

10月だというのに暑さの残る10月7日、日比谷 日生劇場で幕を開け、こうして千秋楽を迎える頃には上着なしでは外に出るのが厳しくなりました。

いま生き組も一足早く千秋楽を迎え、とらじゃ担の秋はひと段落です。(だと思ってます)


チケット難に始まり、忍者出演決定、なのに平日昼間の0忍者、2020構想突然の再来と驚かされることの多かったえび座。個人的には夏に引き続きまさかの秋も特別登録のお世話になりました。(電話きたの開演後だけど。寝てたから2幕から見たけど)
でも、とにかく楽しいに尽きたえび座。
昨年とはまた違った感情で見ることができて楽しかったです、ありがとう如恵留くん。


レポは他の方のはてぶでも見てください。笑
わたしはただ自分の感想をつらつら書いていきます。



1幕は昨年より割と駆け足気味で進み、2幕はひたすらに楽しい時間。

客席登場に始まり、この時何名の方が如恵留くんに落ちていることか?!
上から見ててあんなにロイヤルに目線向けられて落ちない人はいるのか?!て毎回思ってます。

からのフロート運ぶ如恵留くん。
my楽にして気づいたけど重りに60て書いてあって、もしかして60kg...?60ポンドかな?
どちらにせよ軽くはないのに軽々と動かして
さすがはジャニーズ。腹筋鍛えられそうだね。
腰とか痛めないでほしいな〜心配😢

We are ジャニーズ、如恵留くん本当に楽しそうでなにより。
一挙一動が本当に美しい。パッセもピルエットも全部が美しい。そのユニットの振りをやってるはずなのに、自分のものにしてしまう如恵留くんさすがすぎる…


野球の練習は、きっと如恵留くん野球出来なさそうだけど…笑
でも一生懸命でとってもかわいい!
「やきゅーのれんしゅーしよーぜーぇー!」
「しゅーーーっごーーーーぅ!」天才か?
ひらがな感みゅから受け継いじゃった…?!笑
ボール食べちゃったり、うまく取れなかったり
このシーンは本当にかわいいね〜〜〜

WEST SIDEは本当にかっこいい。
一瞬客席降りしてすぐステージに上がった後の
ステップが好きすぎてずっと見ていたい…
みんな強そうで、いや強いんですけど好き…
いつかジャニーズでWSSやらないかな〜
宝塚がやったもんそろそろまたジャニーズさんでやってもよくない…?

あと悲しき雨音の振りも好き。
河合さんの声が通る感じ好きだ……舞台向き。

プロデューサー如恵留くん、治安悪くて好き。
照明当ててやれよ!
照明当てなくていいんです。
売り出したいんじゃないの〜?!
問い合わせが殺到してます!
えぇぇぇ〜✋(´⊙ω⊙`)✋←かわいい
からの、すごいね君(ジャニーさん)がもう…
治安悪くて最高of最高。
ちなここ、のえげん不在日はしずまちゅ2人でやっててめっちゃくちゃ可愛かった…
しずの、もーオレがやればいっかのいい意味で投げやりな感じ可愛かった〜

日生劇場でのコンサートで音聞こえなくなって
カウントとる五関さまが、うっ好き…てなる。

しーくんクロスビーは去年に引き続き演技が
うまいです閑也!!!!!!!
閑也にストレートプレイの舞台まだ来ないの?!
(て、去年も言った気がする…)
時々ここでひょっこりしずするの好きだよ…

からのピアノの先生、如恵留くん。
何回か入って気づいたけど鍵盤沈んでないから
音は出てないけどたぶん弾ける。
鍵盤の位置は合ってるはずだから、本気で弾かせたらきっと弾ける如恵留くん。
あと「あの人の言うことは、ちゃんと聞いておいたほうがいいよ」が世界一似合う俳優すぎてしんどい……

犬のトラビスジャパンは、今年は如恵留くん
手までちゃーーーんとグーにしてて犬なの。
可愛すぎる…時々はけぎわに耳取れちゃったりしててお顔小さいんだね、如恵留くん……
如恵留くんのお顔はおにぎりサイズだもんね…
(おにぎりサイズとは)
はけるときサッと立つ如恵留くんスタイリッシュすぎて無理無理無理の無理。好き。

からの、楽譜渡す如恵留くん。
そのあとだいたい楽器壊しちゃうのワイルドで可愛いの〜フルートもギターも壊しちゃうんだけど子供が壊してるみたいで可愛い…

とらめど曲好きすぎる。
everywhereで合ってるっけ…?
黒燕尾でロックダンス踊る如恵留くんていう
もう何かをえぐられる感覚…
ギャップ萌えどころじゃないなんて言ったらいいんだろう、もう好きが詰まりに詰まってる…
この衣装と振り付けと演出を考えた方は出てきてほしい、お礼させてくれほんと……
これが映像にならないとか無理。
あ〜〜〜この曲ほんとすき〜!

執事はほんとに郁人さんさまさま…
去年は中村のカイトが、今年は松倉のカイトが
本当にお世話になっております、美味しくしていただいてほんとに……

I rememberも好き。
あの曲調とか振りとか最高…

帰国した後のカメラマン如恵留くんの指!
指長くて綺麗すぎるでしょ?!そりゃピアノも弾けるわ。このシーンは手ばっか見てる。
如恵留くんの手担になってる。あの手に弾かれるピアノになりたい。え、なりたすぎるな?!
去年より報道陣みんな性格良さそうでよき。

スパイダーズまつまつも可愛いし、次です!なすじやも可愛いし、衣装係の如恵留くんもあわあわしてて首からメジャーひらひらしてるの可愛いね〜
のえげん不在日はしずがすごい頑張ってた……


2幕はほんと1幕に続いて最高が過ぎる。
オペグラ持つ手と拍手する手が欲しい。
あと時々ドキドキしすぎて開きっぱなしになるお口隠す手も欲しいです。笑

愛のかたまりはほんとに素晴らしい…
如恵留くんとか松松のジャズダンスは想像つくけど、しずやがあの体格で繊細に踊るスロージャズよ…しんっど……
あの体幹おばけほんと恐ろしいわ…
松松は完全に世界観作ってるし、如恵留くんも世界観作りつつさすが綺麗に踊るじゃん、そしてしずやよ…ほんと…しずやに愛かた踊らせてくれてありがとうございます……

からの仮面な?!?!?!国宝。
マスクという演出が好きで仮面という曲が好きでロングの衣装が好きでそれを大好きな自担がやってる?!もう最高。
かつ五関さまが似合うのよ仮面が………
ここに如恵留くんだしてくれてありがとうございます、関係各位…
顔が見えてないのに妖艶さが溢れて溢れるどころか溢れ出てる如恵留くんは何者なの?!?!
今まで好きな仮面はたきつこんのトラジャ引き連れてるやつだったけど余裕で塗り替えてきたえび座…ここにチケット代払える。

喜びの歌はとにかく楽しかった…
如恵留くんもすごく楽しそうだったし、会場にいる演者も観客もみんなが幸せな時間だったよね?!?!
可愛いし楽しいし好き過ぎる。
如恵留くんがオタ芸やるとあんなにもロイヤルになるんだね?!オタ芸というより何かの儀式に見えるから一気につかちゃんが神々しく見える……

チャンカパーナはMADEの持ち歌なの?!てくらいMADEさんかっこよかったです。めどさんフロントにしてくれるえび兄さんかっこいい…

Tonightは18禁です。以上解散。
…うそうそ、ほんとえろっちかった〜
のえげん不在日に他の人見て知ったけどあんなにボタン開けてるの如恵留くんだけだった。
目閉じて下唇噛みながら微笑む如恵留くんほんと好きなんだけど、Tonightで如恵留くんよくやるの…
それで腰なんて振るからもう…下ネタ嫌いな人とは思えないからね?!
イントロではボタン第一しか開いてないのに、振り返ったらガッツリ開いてるし…天才か?

で、Flyはボタン閉まってるの。
Flyも最高なんですほんとに……
あの暗がりに映えるピンクのジャケット。
そして白のハット。似合わないわけがない。
着衣のセクシーさを最大限に発揮してます。
初見はこの曲好きだな〜くらいにしか思わなかったけど2回目以降のメモの荒ぶり方たるや…
好きがすぎる…

逆転ラバーズは可愛いが詰まりすぎてる。
手で羽作ってぴよぴよしてる如恵留くんとかほんとに今年24歳かよ?!て感じだし、トサカダンスも可愛いし、隣でしずやはひよこ口してるし総じて可愛い。大好きな滝さまの曲とあって本当に楽しそうに踊るから見てるこっちも楽しくなる。相乗効果天才。

CDCGは郁人の「レッツゴー、ジャニーーーズジュニアァァァ!」に本当に励まされた。
彼の発するジャニーズJrて言葉には期待が込められてると思ってるし、それでこの曲でしょ?
これからのとらめどに期待しかないじゃん。
すごい元気でるこの曲。ずっとずっと歌い継いでいってほしい…

えびメドレーになる前の如恵留くんの紹介の
「Aa.Bb.Cc-Zぃー!」も好き。
決して長いセリフではないけど、でも憧れや感謝や色々な想いが込められてるなって思う。
そしてこのセリフを言わせてくれたえびさんありがとう……


Legend storyすごい好き。
えびのための曲だと思うし、ジャニーズが作ってきた伝説の数々をえびが表現し受け継ぐ、そのための素敵な曲だと思ってる…

Vanillaは演出担当さん出てきてほしい!!!
天才なの?!あの衣装にあの映像に照明に天才か?!?!シルエットが美しい。
元々好きな曲だったけどさらに好きになった。
あえてバックを付けないのも美しいし、ずっと照明あて続けないのも最高。

JOYしたいで出てくるとらめどはディズニーキャラクターか何か?!?!パレード感好き。
上手に入った時待機してるの見えて可愛かった〜
この時、のえのぶだったりのえしずが遊んでるの好き。あと衣装の色味が如恵留くんすごく似合ってて好き〜ほんと白とか明るい色が似合いますこと〜

あと5BOXは普通に体力すごいなって思う。
毎回見惚れちゃう。さすがです、えびさん……

最後の自己紹介の時の、ジャケットのボタン閉めてからアクロバットする如恵留くんも好き。
いや、全部好き。えび座最高か!!!?
また見たいな…



のえげん不在の日もあったけれど、わたしはそれもまた新鮮でした。
普段如恵留くんロックオンなオタクなので、周りの人が何をしているかわからないこともあって…Tonightとかあんなにえろっちくしてるの如恵留くんだけなんですね?!
あの日しか入れなかった担当の方は残念の一言しか言えないけれど、悲しんだ方の分のえげん受かってな!!!なにかお仕事に繋がったらいいね!!!





次は君たちが伝説になれますように……
Forever Johnny's......

いまを生きた皆さん

いまを生きる 千秋楽おめでとうございます。

まだ少し暑さが残る10月5日に幕を開けてから全24公演、こうして千秋楽を迎える頃には厚手の上着が必要なくらいになりました。

当初、自担のえび座より持ってるチケットの枚数が多くて(最終的に同じくらいになったけど)内容も相まってあの舞台を何回を見られるのか不安もありました。

観劇にこんなに体力を使ったのはたぶん初めてで、でも見るたびに発見があって幸せな公演期間でした。



周りのおたくの皆さんが考察とかはしてくれているので、だらだら感想だけ書きたいな〜と思って書きます。





いまを生きるになかむらくん、みやちかくん、しめちゃんが出ると決まってすぐに映画を予習を兼ねて見ました。

…え、わからない。

まず顔が一致しない。
キャメロンだと思っていたのがニールだったり
ニールだと思っていたのがノックスだったり
ノックスだと思っていたのがトッドだったり。

かつクライマックスが突然の出来事すぎて理解が追いつかなくて、幕が開いて内容とか飲み込めなかったらどうしよう…て思ってました。


結局大丈夫だったんですけどね。


大丈夫だったけど、初日に泣きすぎて自分でびっくりしました。
もちろんみやちかくんはじめみんなの演技が素晴らしかったのもあるし、私情を挟めばニールの気持ちが少しわかる気がして何か思い出すものがあってぼろっぼろに泣きました。

ニールパパはニールを縛り付けているつもりなんて無くて、むしろみんなが憧れる学校に通わせて欲しい物はすぐに与えて、医者という職業になってほしいからその為に息子にやってあげられることは全部してあげている、不足なんてない、そう思ってる。

でもニールにとってはそうじゃなくて。
親が喜ぶから「ヘルトン」に進んで、でも本当に欲しいのは物ではなく者(親からの愛)で、親が喜ぶから医者を目指している、でも本当にやりたいのは役者。今までは親が喜ぶことをやってきて、喜んでもらえるなら親が敷いたレールの上を迷いなく進んできた。成績だってトップ。親にとって自慢の息子なはずなのに、16歳になり精神的にも成長してきてやっと見つけたやりたいことを頭ごなしに全否定されてしまった。キーティングからかけられた言葉も自分が期待したものではなかった。そして幕を開けた劇中劇、真夏の夜の夢。パックとして有終の美を飾り初めての舞台だけでなく自分の人生にも幕を閉じる。16歳のニールは色々なことを考え天秤にかけ、出した結果がこれだった。



わたしも高校進学時、やりたいことがありました。ニールほど頭も良くなかったけれどずっと田舎で縛られて生きてきて生きづらくて逃げ出したくて親や先生にもやりたいことを言い出せなくて、結局高校を卒業してやりたかった夢を叶えられずに社会人になってしまいました。
今からでも追えなくはない夢だけど、わたしが選んだのはいくらでも代わりのいる平凡な生活でした。



ニールパパの口調が、態度が、自分の親にとても似ていてそれが余計に苦しかったです。


わたしもニールの最期のようなことを選ぼうとしたことがありました。でも怖くてできなかった。だから、ニールが羨ましくもあります。

そして、苦しかっただろうなと思います。


親の前ではいい子を演じ
みんなの前では優秀で明るい子を演じ
本当の自分を出せる空間がなかったんじゃないかと思います。

そんな時に転校してきたルームメイトのトッド。
ニールは自分とは真逆で、自分を出すのが苦手なトッドの前では少しずつ本当の自分を出せるようになっていたんじゃないかと思います。

ずっと無意識に演じることに慣れていたから、慣れてしまっていたから、だったら自分とは全然違う人物になりたかった、一種の現実逃避をしたかったんじゃないかな、と……


それを全否定されたニール。
せめてもの、最後の反抗はニールとして、ではなくパックとして引き金を引いたことではないか、と。



厳しい父のようにみんなを包むノーラン校長
新しい恋を知りまた美しく輝くクリス
ウェルトンにやってきて何か新しくなれたトッド
愛を知りまた一歩大人になったノックス
真面目で頑張り屋だけど本当はニールに憧れるキャメロン
純粋でうぶで必死に成長しようとしているミークス
ちょっとやんちゃだけどでも漢気があるダルトン
みんなの太陽であったニール
そしてみんなを親のように兄のように見守ってくれたキーティング先生


皆さんがウェルトンとその周りで過ごした毎日がこれからもどこかで輝く思い出になれますように。





それでは皆さま、おやすみなさい。

SoCrazyの如恵留くんがD◯夫にしか見えない件


ソークレの如恵留くんを考察してみました。

異論は認めまくります。殴り倒される覚悟で書きます。でも少なくともわたしにはそう見えたんだもん、というお話です。あと褒めてます。


サマパラセトリはどれも全て素敵な曲とパフォーマンスだった。その中で特にわたしが目を奪われたのがSo Crazy(以下ソークレ)

TravisJapan各メンバーが各々世界観を表現していた中で、演じているとわかっていながらも「やばい逃げないと」と思わされたのが我が自担、川島如恵留さんのSo Crazyである。


わたしの勝手な考察ですが、他の6人のメンバーは別れてしまったけどまだ好きな彼女の虚像を追いかけていた。

が、如恵留くんは違った。
逃げている女を追っていた。
(夫と書いておきながら、結婚してたかどうかは微妙だなと思った。申し訳ないです。)

今回のサマパラ、ありがたいことに上手下手正面に入ることが出来、ソークレを様々なアングルで見ることが出来た。

だからこそ思った、ソークレの如恵留くんはやばい、狂気を持って逃げる女を追い探している。


流れでいうと、上手で時計を見つつ下手に女を発見、靴紐を結びつつ追う、巻き戻し…
(わたしのメモ参照なので違ったらごめんなさい)


まず時計を見ている如恵留くん。
恐らく待ち合わせしているわけではない。
この時間なら女がこの辺り(個人的に彼女の最寄駅とかだと思う)にいるだろう、と思って時計を確認しながらそこにやってきたんだと思う。

きっとこの女と如恵留くん、結婚していなかったとしても同棲はしてたと思う。
付き合って同棲し始めた頃は普通の、どこにでもいる…いや、優しいが過ぎるほどの彼氏と彼女だった。けど、長くいるほど彼氏の態度が変わってくる、よく聞く関係だったはず。

愛が深い彼氏(如恵留くん)は言葉には出さないけど、自分が尽くしている分彼女から自分にも何かして欲しいと思うようになる。それは別に物やお金が欲しいとかじゃない。
例えば言葉一つにしても、如恵留くんが愛してると言ったら、彼女にも「私もあなたを愛している」と言って欲しい。「私も」とか「好きだよ」じゃなく「愛してる」という言葉を返して欲しい、とか。
最初は何かして欲しい、が態度に出る(ちょっと機嫌が悪くなる)くらいだったけど、徐々に行動に現れるようになる、彼女を愛しているが故に。

強い言葉を投げつける、物に当たる、彼女に手を出す…それは徐々にエスカレートしていく。自分はこんなにも愛しているのに彼女がその愛を返してくれないのは自分のことをそれほど愛してくれていないのではないかと、離れていってしまうのではないかと不安になればなるほどに。
でも咄嗟にやってしまうから、すぐに申し訳ないと思って謝る。自分の非以上に…
だから彼女も「応えられない自分が悪い」と思って別れないし、別れるという選択肢が出ない。

しかし周りからの意見を聞いたり、行為がエスカレートするほどに、彼女の彼氏(如恵留くん)に対する愛は無くなっていき、恐怖の対象になってくる。
そして別れを決意した彼女は思い切って如恵留くんに伝えたが、もちろん別れさせてくれるわけもなく彼女は一緒に暮らしていた家から逃げるように出て行く。

怒り狂った如恵留くんは彼女を探す。
彼女が仕事を辞めていないことを知り、そこから新しい最寄駅を特定。だいたいの帰宅時間も特定し待ち伏せることに。

それが時計を見ているところまで戻ります。

時計を見たあと下手を見つめる如恵留くん。
悲しそうな嬉しそうな顔をしてから、驚いたような表情を見せます。
きっと彼女を見つけたんでしょう。でもその彼女は1人では無かった、如恵留くんの表情から察するに男がいたのかも知れません。

その男は新しい彼氏かもしれないし、同僚や友達かもしれないし、兄(弟)かもしれない。
けど、如恵留くんにとって愛おしくてたまらない彼女の隣にいる男は誰であれ邪魔な存在。

そんな如恵留くんに気づくわけもなく家に向かう彼女を追いかけようと歩み出すものの、靴紐がほどけていることに気づきます。結び直している間に姿を消す彼女…少し時間が巻き戻されそこにはまだ彼女の姿が、でも気づかない如恵留くん…

せっかく駅まで特定し彼女の姿を見つけたのに、その隣には男の姿。しかも見失ってしまうなんて…

失意の如恵留くんの表情は狂気そのもの。
何故彼女は自分を愛してくれない。
何故彼女は自分を捨てたのか。
彼女を見失った自分が憎い。
彼女の隣に立つ男が憎い。
何より、彼女に愛してもらえない自分が憎い。

そんな感情が渦巻く如恵留くんの目は、ただ彼女を自分の元に戻したい、その気持ちが強く現れていて狂気と恐怖が混じった恐ろしい目で彼女を探すべく夜の街に消えていきます……


あの曲中、これだけ考察させるほどの表現をしている如恵留くんはさすがです。
きっと時間をかけず如恵留くんは彼女を探し出すでしょう、そして自分の元にどうにか連れ返すはずです。

稚拙な文章で申し訳ないんですが、お納めください。

夏が終わりました

夏が終わりました。
 
去年の夏、担当不在で迎えたTravisJapanEXから1年。
気になるだけの存在だった彼らが、メンバーの変化はありましたが大好きな7人になりました。
今年の夏は大好きな彼らと大好きなお友達に囲まれて、そして担当と呼べる大好きな人と素敵な時間を過ごすことができたので自担に似て長々と書きたいと思います。
 
今年の夏は本当に印象的な夏でした。
まず個人的に新卒から約4年勤めた会社を辞めたこと。
仕事内容も職場の人も大好きだったですけど、昨年結婚してから上の人に「結婚したのにいつまで仕事続けるの?」と言われ続け…腹が立って勢いで辞めちゃいました。笑
これから就活する若い皆さんは続けたい仕事なら気をつけてね……
転職活動してなんとか次の仕事も見つけたので秋から頑張ります~
 
そんなことどうでもよくて。
 
まず夏の思い出その1。TravisJapanを好きになってから大好きなお友達がたくさん増えました。
会場周辺お友達ばっかり、オーラスなんて席の近くにお友達がたくさんいて面白かったな~
みんなメンバーに似て優しいし素敵なお友達ばかりで大好きです。現場関係なく遊んだりしてくれるし。
現場を迎える度お友達が増えるので、次の現場も楽しみです。
 
 
夏の思い出その2。
Yummy。キスマイ兄さんたちのツアーは本当に楽しかった。円盤化するまでToxxxicが見られないなんて…
というか、ツアーの終了が7月だったのもあってもう過去の思い出になりつつあります。暑かったし西武ドームなんて装備が戦場に向かうのか?状態だったんですけど、でも面白かったです。一緒に入ったキスマイ兄さんのファンの方に恵まれて優しい言葉をたくさんかけていただいて、本当に楽しいツアーでした。
可愛い如恵留くん、かっこいい如恵留くん、えっちい如恵留くん、いろんな如恵留くんを見ることが出来て、その姿を目に焼き付けることができて幸せな時間でした。
そして改めて昔の担当の北山さんのかっこよさに気づけたのもいい思い出です。
個人的に西武以外にも初めての会場もあったし、日帰り福岡とか始発新大阪発とか無茶なこともしたけどそれも面白かったしとにかく楽しかったです。
 
夏の思い出その3。
はいびーちゃんの六本木にお邪魔しました。
もう授業参観な気持ち。本人たちのテンションも若いしおたくの年齢層もめちゃくちゃ若い!!!
金指くんと琳寧ちゃんを見に行ったんですけど、金指くんは見れば見るほどにパフォーマンスが上達してて頑張れよ!って気持ちになるし、琳寧ちゃんはアイドルしてんな…と思って二人共もっと応援したくなりました。
治安がよかったか?って聞かれると「Yes」と言えないのが残念だし、本人にそれを注意させたくないヲタクなのでそこは残念かな?と思うけど、若気の至りというか…いつか治安を悪くしてる張本人さんたちには気づいてほしいな~と思ってました。正直お猿さんが大量の光る棒持って雨乞いしてんの?な光景に何度も遭遇して笑いましたけどね、みんな気を付けような…!
 
夏の思い出その4。
サマパラ、これに尽きます。
最高でした、TravisJapanさん。
サマパラの思い出はわたしが金に近い髪色にした7月までさかのぼります…(関係なくない?!)
如恵留くんの金髪が恋しすぎて、お手紙にも書いたのにまぁ個人の好みの問題もあるし…となんとか飲み込んで
「如恵留くんがやらないならわたしが染める!!!」と人生初のブリーチをしてみました。
そしたら7月某日遭遇情報で「如恵留くん金髪でした」の文字を見て小さくガッツポーズをしました。
サマパラは初日に夜職のバイト終わったままアクスタ戦争に参戦して、どうにかアクスタを手に入れそのまま昼夜そして打ち上げだったので死ぬかと思いました…笑
楽しかったからいいんですけどね。
TDCは昔から席に恵まれていて、今回も1バルとアリーナの住民になってました。
初日は本当に席に恵まれて圧がすごかったです、トラジャさんすごいのほんとに…
あと今回特別登録にもご縁があって最高な席を如恵留くんに用意してもらえたので、幸せでした本当に。
とらじゃさんみんな顔小さいしお手手すらかっこいいし…
レポはかけるほど鮮明に覚えていないので、ほかの方のはてぶ見てください…笑
でも、如恵留くんを好きになって楽しいことばっかりだから、本当に好きになってよかった…これに尽きる。
 
で、そんなサマパラ。
あれだけの人数を動員していたので様々な感情があると思います。
7人でTravisJapanだからこの言い方はあまりしたくないけれど、トラ5担と松松担。
それぞれ思うことはあったと思うけどわたしは最高の夏が過ごせたと思っています。
わたしはトラ5と呼ばれる方の担当ではあるけれど、新規だからプレゾンは通っていません。
逆に元担のおかげでSHOCKは通ってきました。だからこそ思うこともあります。
これまでも恐らくこれからも見られないかもしれない自担の踊る夜の海が見られたことは忘れません。
元担と自担が同じ位置で同じ振りを踊っている、その事実に涙が出ました。
担当と呼ぶ人が踊る夜の海はもう二度と見られないと思っていたので…
セトリにこの曲を選んでくれたトラジャさん、許可をくれた光一くんありがとうございます。
なんで二度と見られないと思ったか…正直、自担の今の体力的にSHOCKは厳しいと思っています。今後体力作りをすれば話は別だけど。
一幕後半のあの殺陣を熟せるのは閑也とかちかんちゅらへんかな~?と勝手に思ってます。
演技やダンスの技術面ではあまり不安はないんですが、体力が…
でもいつか帝国劇場で夜の海をあの衣装で踊る自担の姿を見たいなとも思ってます。
 
そんな最高のサマパラを超えて、わたしが心に誓ったこと。
「わたしはずっとTravisJapanの担当を名乗っていよう」
どんな状態でもどんなパフォーマンスでも彼らが前を向いていくと決めた以上、ファンがそれを応援しなくちゃいけないなと思っているし、わたしはそう決めた彼らを応援していきます。
前の担当のときもこれは思っていました。ファンでいる以上、余計な口出しはせずに自分が好きな人たちが選んだ道を応援しよう、と。だから元担が選んだ一般人という道をわたしは応援するし、とらじゃさんが選んだ今のメンバー今の目指す先を応援します。
自分にはまらないな、と思うのはトラジャが悪いんじゃなく、自分の内面が成長したり好みや思考が変わったからでそれを理由に離れるのは自由だけどそれを担当のせいにはしたくないです。
トラジャを一方的に悪者にして担当を降りる宣言をしている人はわたしとは思考が違うなと思いました。
まあ人それぞれの思考だから、そういう人もいるな~くらいにしか思ってないんですけどね。
 
長々とすみませんでした。正直来年の夏、わたしがどうなっているかはわかりません。
忙しく働いているかもしれないし、家族が増えているかもしれなし、何しているかはわかりません。
でも今年の夏が最高だった事実に変わりはないし、「わたしにとって、最後の担当は川島如恵留くんであってほしい」という気持ちが強くなった夏でした、ちゃんちゃん。




個人的Toxxxic解釈

個人的に色々考えてみました。

似たようなのがあったら別のところでも

書いたんでたぶんそれわたしです、さっせ。



藤ヶ谷研究員
製薬会社の研究所に勤務。
勤務態度も優秀で研究熱心だが、それがのちに仇となる。
ある薬の研究中、成分量を変えると惚れ薬になることに気づいた藤ヶ谷研究員。
最初は気づいただけで放置していた(むしろ注意していた)のだが、好きな人が出来どうしても振り向いて欲しい藤ヶ谷研究員は製薬することに。
本来の仕事の合間にやっていた程度だったが、段々と仕事そっちのけで研究を行うように。
研究所内の薬物の無断使用などがバレ、勤務態度も徐々に悪くなっていたこともあり研究所を
クビになってしまった。
仕方なく自力で研究できる環境をなんとか整え研究を続け、試薬を作れる段階まで進んだ。
この頃から研究員から教授に自らの呼び名を変更。
今までは動物などに試していたが、人間を使っての実験段階に進みたいと思った藤ヶ谷教授は
研究所勤務時代の後輩に声をかけ人体実験を行うようになる。
また後輩だけでは足りず、後輩の友人なども実験に使われたとの噂も。
最終的に自身も薬物中毒状態で発見され、警察に捕まることになる。

カワシマノエル
製薬会社の研究所の研究員で藤ヶ谷教授の後輩。
藤ヶ谷教授に心酔しており、尊敬や憧れを超えた感情を抱いていた。
勉強熱心で幼い頃から成績優秀だが「勉強が出来て当然」という教育方針だったため褒められた記憶がなく、褒めたり認めてくれる藤ヶ谷教授に信頼などをよせていた。
一方で藤ヶ谷教授はノエルよりシメカケの方に興味があり嫉妬心を抱いていた。
藤ヶ谷教授が退職後も研究所の薬をこっそり提供するなど協力を行っていた。
研究が進み検体を探しているとの話を聞き、研究所を退職してまで真っ先に名乗りを上げた。
藤ヶ谷教授が喜んでくれるのならば自身が人体実験によって死ぬことも厭わないと思っているので、どんな薬を渡されようがどんな環境下に置かれようが拒むことなく受け入れる。
最初は弱い薬ばかり投与されていたが、長年人体実験に使用され実験に使い物にならないどころか、解毒剤も使用できないほど蝕まれてしまっている。
薬が効いていても割と理性があり、藤ヶ谷教授が喜んでくれるのならば手段を選ばない。他の実験体が少しでも嫌がったり抵抗しようものならどんな手を使ってでも教授に差し出す。
しかし本当は藤ヶ谷教授と共に実験を行いたいと思っていて、薬が切れたときに悲しそうな顔をする。本人も周囲ももう助からないことはわかっていて、遅からず近づく死を受け入れている。
警察の捜査後も藤ヶ谷教授の手助けがしたいと思い、いつ戻ってきてもいいように研究所の設備を整えている。


シメカケリュウ
製薬会社の研究所の研究員で藤ヶ谷教授の後輩だが、薬剤師の資格はない。
事情があり親がおらず進学も満足にできなかったが、興味のあることへののめり込みは凄まじいものがあり、独学で薬物の知識を得てその知識量は膨大。そのため逆に藤ヶ谷教授が信頼を寄せ可愛がっている。
製薬会社退職後の教授の行方は知らず興味もなかったが、仕事中偶然見かけた資料で行方を知り、会社で縛られた研究ばかりやっているより面白そうであると好奇心から退職しノエルに少し遅れながら教授のもとへ。
恐怖より好奇心が勝るタイプで自身が検体として使用されることに躊躇いは一切ない。
教授が失敗だったと放棄した薬物も自身が再研究し自らを検体にしようすることがあり強い薬でも躊躇なく口にする。
結果がどうであれその過程を楽しんでおり、結果的に実験にも使えないかつ解毒剤も意味をなさない体になってしまった。
シメカケ自身実験によって死ぬことに恐怖はなく、後悔もない。
警察の捜査後は研究所には戻らなかったが、自身で薬物の研究や製薬を行っているとの噂。


マツクラカイト
他の研究員の後輩で研究員の中では一番下っ端。研究所へは騙されてやってきた。
実験内容や自身が検体に使われることもよく知らないまま連れてこられた為初期は抵抗した。
人体実験に使われることに拒否も承諾も選択肢を与えられず人体実験に使用された結果、もう
救いようのないほど体に薬が回っている。
最初はわけもわからぬまま薬を飲んでいたが、次第に薬を飲むことによって一時的ではあるが快楽を得られることを知ってしまい自ら薬を欲するようになってしまった。
その結果、実験と関係ないときも教授の目を盗み薬を服用し生きているのが不思議なほど体は蝕まれている。薬と自身の体との相性が良かったためか、効きが大変よく薬の本来の効果以上の症状が出ている。ODしており薬を飲んでも快楽は得られないし解毒剤は効かない。
藤ヶ谷教授自身、ここまで効果が現れるとは思っておらず恐怖からマツクラにあまり関わりたくないと思い見放されている。
死への恐怖がすごくあり死にたくはないとは思っているが、快楽のために薬が欲しい気持ちもあり自分の中で発狂寸前。
警察の捜査後、すぐに病院に運び込まれたがどんな治療法も意味がなく最終的には薬を求め病院を抜け出し教授の帰りを待つ研究所をまざし彷徨っているらしい…


ナカムラカイト
「時給の高い治験のバイトがある」と誘われて研究所にやってきた。
彼の実験に使われた薬は完成状態に使い物だったのですぐに体に異常を来たすものではなかったが、連日人体実験に使用されまた薬と身体的相性がよかったこともあり徐々に蝕まれていった。だがその変化に教授も本人も気づいていない。
マツクラが狂ってしまった前例があるので教授自身ナカムラの扱いは細心の注意を払われており、投薬などは教授自身が管理している。
人体実験当初は時間になると無理やり薬を飲まされるので嫌がっていたが、徐々に薬は美味しいし一時的でも快楽を得られるので投薬の時間が楽しみで待ち遠しく仕方なくなっている。
薬が聞いているうちは大人しいが薬が切れると凶暴化する。
警察の捜査後、解毒剤によって体は正常に戻り人体実験の記憶も退院後にノエルの手によって消されている。その後普通の生活を送っていたが、ある日ふとしたきっかけで薬で得た快楽を思いだし、微かな記憶を頼りにあの研究所にたどり着くことになる…


捜査後、薬は実はただのシロップだったことが判明した。
思い込みで体内で勝手に変化が起き勝手に発狂していっただけ。
かつ教授の投薬方や環境づくりが上手く、シロップを欲しがるような食事制限など甘いものを欲しがるような環境を作り出したからはまっていった。
マツクラはもう完全に薬だと思い込んでいるので、薬(だと思っているシロップ)なしでは生きられない体になってしまっているし、ナカムラも閉鎖的な環境下で唯一の楽しみであるシロップを与えられる時間が待ち遠しくて仕方ないと思っている…?

西武ドームのいろいろ感想とか

キスマイ担さんもトラジャ担さんもJr担さんも
西武ドームお疲れ様でした。

たぶん、ジャニーズ初の西武ドーム公演は
「キスマイだったから乗り越えられた」みたいなところはあると思ってます、真面目に。
若い子というか、お子さまが多いユニのコンサートだったらもっと倒れる人とか出てたと思います、勝手に。
あとKAT-TUN担なら平気かな、みたいな。
(ごめんなさい勝手な想像ですけど)

で、バック担として真夏の3日間西武に通って
思ったこととかまとめましたので、今後の参考になるかはわからないけどお納めください。

まず思ったこと、キス担さん軽装備過ぎない?!
お友達と話したんだけどJr担が重装備すぎるの
かな?て思ったんですがこれだけは言える。
「用意はして行って損はないと思う。」
暑いのとか体調不良を我慢しすぎて倒れて一生担当を見られなくなるなら、重い荷物我慢して行ったほうが身のため。

まじ真夏の西武ドームはコンサート会場じゃないから、戦地だから。
(今年こそツアータイトル、コロシアムで
 よかったよね?!?!)


ここからは、熱中症になりやすい体質の
ヲタクの持ち物とかですのでどうぞ。
(初日だけ熱中症の軽症状が出ました)
 
◯持っていったもの(ヲタク道具以外に)◯
・冷えピタ各日2枚ずつ
 ・ポカリスエット(普通1本、凍らせたやつ1本)
 ・凍らせた水1本
 ・パックポカリ各日2パック
 ・粉ポカリ
 ・タオル各日2枚
 ・今回のツアータオル(日除けとして)
 ・45Lゴミ袋(雨対策として)
 ・汗拭きシート
 ・帽子(キャップ)
 ・雨カッパ
 ・コールドスプレー
 ・塩分タブレット
 ・虫除けリング
    ・扇子
 
◯参戦環境◯
初日→席はバクステ上。風はほぼ無し。
2日目→席はメンステ横三塁下段。風やや通る
最終日→席は三塁下段。風は微妙に通る。

3日間共に雨は全く降らず、気温は35℃超え。
ただ半野外なので風が通る分蒸風呂では無い
けど暑いことにわかりはない!!!
3日間共に担架で運ばれてる人を数人見てます

◯電車についての注意◯
・行きは西武線の混雑だけじゃく、東横線など
    直通先からの混雑遅延を引っ張って10分弱
    遅延が当たり前だったので早めの行動を!
・帰りも規制退場勢が乗る頃から混雑による
    遅延があるので終電や夜行バスの時間が
    ギリの人はアンコール捨てて出た方がいい。

◯帰宅時間◯
初日→TravisJapanがはけた後に一塁側から退場
           してすぐの電車に乗り21:45頃には池袋着
2日目→TravisJapanがはけた後に三塁側から退場
             してすぐの電車に乗り22時前に池袋着
最終日→規制退場を待ち三塁から退場
                退場自体は21:30ごろには完了
                グッズ購入などで22時過ぎに駅へ
               23時過ぎに池袋着
※どの電車も発車ギリじゃなければ
   前の方の車両は座れるから前に行け!※

◯昔駅で働いてたのでお願いとしては…◯
ICカードはちゃんとタッチしよう
    (一人引っかかると超混雑するので迷惑)
・乗り換えルートは事前に数パターン調べよう(ルートや時間を何個か調べてきてほしい。
    2日目人身事故で止まったので迂回ルート
    とか終演時間の前後もあるし…
    あと「この電車で○○線の終電間に合うか?」
    なんてお前の都合なんか知るか)

◯お手洗い事情◯
西所沢駅改札内のお手洗いも混雑してた
・池袋とかで済ませるのも手段
・場内のトイレ混雑は本当に場所による!
・17時〜開演前は割とどこも混んでる
・今回はMC中に行っても本人たちは何も
    言わないから空いてる公演中に行くのも手段

◯会場内について◯
売店は場内外多いので食料の心配は無し
    ※ただし球場価格なので安くはない※
・17時過ぎが売店の混雑ピークかな?
    ただ店員さんも慣れてるしメニュー数が
    めちゃくちゃ多いわけではないので流れは
    早い。
・駅から席までアップダウンが激しいので
   ヒールオススメしない!!!履くなら席で。
・席の表記がわかりにくいので早めの行動を
・友達に会うなら天井に看板があるのでそれを
    目印にするのがオススメ。
    (例:◯◯銀行の看板の下にいる)
・通路が狭目なので開演直前に席を離れるのは
   まじでやめた方がいい。
・上段通路でのみ西武ドームWi-Fiが使用可
    かなり優秀なWi-Fi!早い!
・お手洗いは割と綺麗
・席は下に行くほど風が通らない

◯会場外について◯
・日陰はほぼ無し。日傘も正直邪魔。
・チケットのやり取りなどで場外で待ち合わせ
    の必要があるなら手前の西所沢駅とかで合流
    した方がわかりやすいと思う。
・自販機は17:30ごろも在庫があった。

◯持ち物、ドリンクなどに関して◯
・基本的に持参した飲み物は水を一本残して
    飲みきった。
・凍らせたパックのポカリは太い血管を冷やす
    のにも使用したのですぐ溶けた。
    (わたしは常に脇の下に挟んでた)
・汗っかきなので水よりポカリスエット
・塩分タブレットはポカリがあればいらない
・持ち物検査ないし作る時間も無いので、
   粉ポカリは不要以外の何でもなかった。
・凍らせた飲み物包むようなタオルと汗拭き
   タオルがあると便利!
・前日の疲れは翌日に出るのでクエン酸などが
   あるといいと思う。
・ステージ上に蛾とかトンボは来たと本人たち
    が言っていたが客席に刺す系(蚊とか)はほぼ
   来ないので虫除けはそこまで重視しなくても
   いいと思った。刺さらなかったし。
センス、ミニうちわがあると便利。
    日よけになるしジャンボうちわは扇いでて
    自分でも邪魔だし周りはもっと邪魔。
・雨具は使わなかったけど備えとして携帯を
    守るジップロックやうちわやペンラを守る
    ビニール袋があった方がいいとは思う。
   (突然のゲリラ豪雨などの備えとして)
-3度のビオレの汗拭きシートが大活躍!
   だけどこれよりセブンイレブンで売ってる
    メンズ用の汗拭きシートの方が効果絶大!
    ただ肌が弱い人はダメかも知らない…
    寒いくらい涼しい。

◯Yummyまとめ◯
川島如恵留がやばい…天才です…


長くなってすみません。
質問などもしあればコメント欄とかに頂ければ